学生の声

学生の声

理学療法学科 植田 未祈 さん

理学療法学科
植田 未祈 さん

同じ夢を持つ仲間と

 中学生の時、入院しリハビリを受ける機会があり理学療法士という仕事を知りました。その時、理学療法士の方が親身になってリハビリをしてくださり、その姿に私は憧れ「私もかっこいい理学療法士になりたい!」と思い目指そうと決心しました。

 私はこの学校に入学してよかったと思っています。先生方との距離も近く分からないことがあればすぐに聞けます。クラス会などにも参加してくださり交流を深めています。また、勉強で分からないことがあればクラスの仲間たちと一緒に励みお互いを高め合っています。勉強以外でも、クラスみんなとても仲が良いため、しんどくて辛い時でもすぐに助けてくれます。同じ道に進もうとしている仲間たちの大きな存在があるから私は頑張れています。クラスみんなで国家試験に合格したいです!

 将来は、病院で働き患者様に信頼される理学療法士になり、後輩に目標とされる理学療法士になりたいです。

 

作業療法学科 小西 真由 さん

作業療法学科
小西 真由 さん

好きなことを突き詰める、充実した毎日!

 私は高校の介護実習で作業療法の様子を見学し、リハビリ職を知りました。利用者様が自宅で生活ができるようにリハビリを考え、一番近くでサポートする姿に憧れと魅力を抱き、作業療法士を目指しました。

 この学校はなんといってもクラス、先輩と後輩、先生と生徒、皆が仲が良いところが魅力だと思います。全員が理学療法士や作業療法士を目標に頑張っており、授業で分からないことがあっても互いに教え合い解決します。また、先生方も私たちが理解できるまで親身になって丁寧に教えてくださいます。時々、先輩と一緒に授業を受ける機会があり、臨床実習の経験や実習で大切なポイントを教えてもらうことができます。さらに、学校行事も充実していて、新入生歓迎会、球技大会や文化祭など専門学校での思い出もたくさん作れ、楽しく学校生活を送ることができます。他にも、社会人としての経験をされた様々な年代の方も通っており、グループワークをする際には幅広い意見を聞きながら考える事ができるのも、この学校の良いところだと思います。

 将来は、高校時代に出会った作業療法士の方のように、患者様や利用者様の気持ちに寄り添った作業療法士になりたいです。

 

理学療法学科 花﨑 俊輔 さん

理学療法学科
花﨑 俊輔 さん

社会人としてスキルアップを目指す

 この学校に入り理学療法士を目指そうと思ったのは、以前していた福祉用具の仕事の影響が大きいです。高齢者の方へもっと身体的なサポートがしたいと考えたのがきっかけです。

 社会人経験後の入学だったので、入学当初はまわりの現役生との接し方に苦労し、「周りは関係ない。一人でもやっていくんだ。」という気持ちもありましたが、気が付けば一緒に実技の練習を放課後行ったり、勉強の事でわからないことがあればお互いに教え合ったりと今ではかけがえのない存在になっています。『理学療法士になる』という同じ目標に向かっていくのに年齢なんて関係ないと改めて感じています。また、先生方のサポートもとても助かっています。熱い先生が多くわからないことがあれば親身になりわかるまで教えてくださり、時には冗談を交えながら、時には臨床現場での話を交えながら、頭ではなく心に残る話をたくさんしてくださいます。数年ぶりのテストやレポート課題など、時には「しんどいな」と思うこともありますが、助け合える仲間や先生方のおかげで充実した毎日を送っています。

 将来は、福祉用具の知識も活かし、訪問リハなどの現場で多方面から高齢者の方をサポートし、地域に貢献できる理学療法士になりたいと考えています。