学生の声

学生の声

理学療法学科 岡上 美沙 さん

理学療法学科
岡上 美沙 さん

アットホームな雰囲気がお気に入り

 中学生の時、骨折をしてリハビリを受ける機会があり、理学療法士と出会いました。 親身になって前向きに治療してくれるその姿に、憧れと魅力を感じ、私も理学療法士を目指そうと心に決めました。

 この学校は、なんといってもアットホームな雰囲気が私のお気に入りです。先生方との距離が近く、学生同士の仲間意識もとても高いため、楽しく学校生活を送ることができますよ。休み時間にはみんなでゲームやバトミントンで遊んだりすることも・・・(笑)  授業は、座学と並行して実技も行う為、基礎知識から実際の医療現場で役立つ臨床的な技術まで習得することが出来ます。「なぜこうなるのか」とメカニズムを問われることが多く、毎回考えさせられますが、学ぶことが多くとても刺激的。質問をすると、理解するまで熱心に教えて下さる先生方ばかりなので、安心して勉学に励むことが出来ます。

 最近は、仲間と問題を口頭で出し合いながら、復習も兼ねて楽しく勉強しています。切磋琢磨しながらお互いを高め合うことで、学習に対するモチベーションの向上にも繋がっています。
 将来は病院で働きたいですね。技術面においても、人間的にも信頼されるセラピストになりたいです。

作業療法学科 高見 太一 さん

作業療法学科
高見 太一 さん

仲間の存在で頑張れる

 この学校に入学する以前は、他の学生と比べて「作業療法士になりたい」という願望が強いわけではありませんでした。  ですが、作業療法士という資格をもつことで、患者様に治療を行い、その患者様の自立や社会復帰を手助けしたいという思いと、自分の中にある「人とのつながり」がはっきりとしたものになるのではないかという考えから、入学を決意しました。

 この学校に入学した当初は、社会人経験を積んだ方がたくさんいて、とても不安だったことを覚えています。学校生活を送る中で、先生方の臨床の現場で起こった体験談を聞いたり、日々いろいろな勉強をしていき、不安に思うだけでは作業療法士にはなれないなと感じました。

 時には勉強がしんどくて、つらいことがあります。ですが周りには僕と同じ道に進もうとしている仲間の存在が常にあり、もっと頑張ろうという気持ちになれます。 将来は、地域リハビリテーションで、生活に困っている方を手助けできる作業療法士になりたいと考えています。

作業療法学科 前田 幸子 さん

作業療法学科
前田 幸子 さん

社会人としてスキルアップを目指す

 私は大学を卒業後、飲食店で1年間勤務していました。その仕事に限界を感じていたところ、両親にこの学校を勧められました。ちょうど資格の必要性を感じていた時期だったこと、また、大学で学んだことが作業療法の勉強に活かせるのではないかと思い、入学を決めました。

 この学校での勉強は、自分の将来に直結している勉強なので、これまでの学習歴の中で、1番モチベーションを高く持って取り組んでいます。学内には高校卒業後の現役生から多種多様な職業をしていた社会人まで、幅広い職種、年齢層の学生がいます。その中で私は年齢に関係なく、同じ目標を持った仲間たちと日々協力し合いながら、楽しく学校生活を送っています。
 自分とは異なる考え方や、経験、魅力を持った人間と出会うことができ、全体として親しみやすい雰囲気があるところが、この学校の良いところだと思います。

 卒業後は病院に勤務し、患者様と真摯に向き合い、寄り添い、その方に合った作業療法を提供できる作業療法士になりたいです。